子宮頸がんは早期発見 | 子宮が痛い|悩み相談室ー排卵痛・内膜症・生理痛ガイド



筋腫・内膜症・卵巣のう腫・腺筋症の悩み相談



子宮頸がんは早期発見


子宮頸がんは早期発見によって完治することが多くあるがんですから、定期的に婦人科で健診をすることをおすすめします。
 
自覚症状がなかなかないということもありますし、検診が恥ずかしい、と言う方も多く、子宮頸がんの発見のチャンスを遅らせる場合も多いのです。
 
確かに子宮頸がんの検診での検査方法は気持ちのいいものではなく、不快な場合が少なくありませんし、中には心ない医師の言葉で受けることを拒否するようにもなります。
 
意外と婦人科医は子宮頸がんのリスクで定期的な健診が必要だという知識があっても、患者への配慮に欠けた方が多く、それで発見が遅れることが多くなっています。
 
単に子宮頸から細胞を採取して子宮頸がんの検査は行いますが、痛みがない、と喧伝されていますが、意外と痛く、それでも医師の配慮はありません。
 
その痛さや医師の態度で子宮頸がんの検査を拒否する方が多いことをご存知ではない医師の方が多数を占めているのは残念なことです。
 
どんながんにも言えるように、完治するかどうかは早期発見にかかっていて、それに協力する医師が増えれば、完治する方も増えるはずなのが子宮頸がんです。

子宮の痛み改善には、副作用の心配がない療法

↓↓↓↓↓