子宮の痛みと子宮筋腫の関係 | 子宮が痛い|悩み相談室ー排卵痛・内膜症・生理痛ガイド



筋腫・内膜症・卵巣のう腫・腺筋症の悩み相談



子宮の痛みと子宮筋腫の関係

スポンサーリンク

妊娠した時に、エコーを見て自分には子宮筋腫があることを知りました。

胎児が大きくなるのと一緒に成長して、10cmは軽く超える大きさになっていたと思います。妊娠初期の頃、仰向けに寝てお腹を触ると、野球ボールくらいの丸いものがあってすぐにわかるくらいでした。

 

お腹はすぐ張るし、ほとんど寝て生活していたことを覚えています。

 

無事出産も終えて、子育てで忙しいこともあり子宮筋腫の事もすっかり忘れていました。産婦人科には行っていましたが、筋腫が5cm位という事もあり、大丈夫だろうということで様子見でした。

 

ところが、不規則な生活とストレスからか、子宮附近がチクチクすることが多くなり、張りもすごくて座っていても辛かったです。

 

慢性的な子宮周辺の痛みが気になり、病院に行くと筋腫は13cmほどに成長してました。

 

その頃、痛さとお腹が張る辛さと戦いながら、泣きながら子供にご飯を食べさせていた記憶があります。手術だけは避けたかったのですが、痛みがあるという事と今後の生活の事も考えて、先生のアドバイスに従い手術することにしました。

 

最初は注射を打って、筋腫を小さくする治療をしたのですが、その時点で子宮附近の痛みはほとんどはくなっていました。

 

その後、手術をうけ筋腫を摘出しました。

 

今は、不快な痛みもなく快適な生活がおくれているので、手術してよかったと思います。痛みは体がなにかしらのサインを送っているという事を実感しました。

子宮の痛み改善には、副作用の心配がない療法

↓↓↓↓↓