その痛み放置しないで婦人科へ | 子宮が痛い|悩み相談室ー排卵痛・内膜症・生理痛ガイド



筋腫・内膜症・卵巣のう腫・腺筋症の悩み相談



その痛み放置しないで婦人科へ


生理だから子宮が痛むのは仕方ないよね

 

そう思って多少の痛みは我慢してきた私ですが、ある時鎮痛薬を飲んでも痛みがひかず仕事に集中できないような日が訪れました。

 

その時はたまたま痛みがひどいのかなと思って何もしないでいたのですが、次の月、次の次の月と生理の回数を重ねる度に生理痛のひどさが増していきました。

 

また生理期間以外にもキューっと子宮が締め付けられるような痛みを感じることもあり、何か怖い病気だったら嫌だなと思い婦人科へ…

 

内診台に座りエコーを受けた結果、診断は「子宮筋腫」でした。

 

当時子宮筋腫について詳しく知らなかった私は医師に質問攻めしたことを覚えています。簡単に言えば子宮内にできる良性の腫瘍のことを言い、発生する場所や大きさによって痛みや経血量の増加が現れるとのことでした。

 

私のものはまだ2cmほどの大きさだったのですが、人によっては5cmや10cmに成長する可能性があり、そうなると妊娠にも影響するので手術が必要になるかどうか経過を見るために3か月に一回は婦人検診を受けるよう説明され、その日は帰されました。

 

あれから1年、幸いなことに大きさは変わっていませんが少しでも小さくなるようにと漢方と民間療法(冷え取り療法や玄米療法)を試しています。子宮筋腫は30代の女性に多いようですが、私は20代前半で発覚しました。

 

20代前半の女性は婦人科に抵抗がある方も多いと思います。しかし子宮は女性にとって大切な臓器になりますので、少しでも痛みを感じたり経血に異常があれば先生に相談してみましょう。

子宮の痛み改善には、副作用の心配がない療法

↓↓↓↓↓