出産前の生理痛と出産後の生理痛 | 子宮が痛い|悩み相談室ー排卵痛・内膜症・生理痛ガイド



筋腫・内膜症・卵巣のう腫・腺筋症の悩み相談



出産前の生理痛と出産後の生理痛

スポンサーリンク

私は、十代の頃から生理になると必ずと言っていいほど、子宮の痛みに襲われていました。生理痛は、誰にでもあるものだと軽く考えていて、特に病院にかかることもなく、痛くなれば市販の鎮痛剤を飲んでいました。

 

二十歳になり社会人生活をスタートさせた頃、仕事中急なめまいと腹痛に襲われました。

 

内科にかかってみたところ、特に異常はないけど、婦人科系かも知れないから、心配なら念のため婦人科に行くことを勧められました。

 

初めての産婦人科、ドキドキしながら行きました。女性の先生だったので、不安は少し和らぎました。検査の結果、子宮内膜症の疑いがあるといわれました。とりあえず、ホルモンバランスを整える薬を出してもらい、その薬を飲んでいる間は生理痛もいつもより落ち着いていました。

 

しばらくして、家も引越し病院も通わなくなってからは、薬も飲まなくなったせいか生理痛に襲われるようになりました。

 

三十代になり、三十二歳の時に妊娠し、生理も来なくなっていたので、しばらくは、子宮の痛みともお別れでした。

 

よく聞く話では、出産後生理痛が和らぐとの事だったので、産後期待していましたが、私の場合はますます生理痛が酷くなりました。原因の一つとして考えられるのは、骨盤の歪み、ホルモンバランスの崩れによるそうです。毎月、生理が来るたびに陣痛の時の子宮の痛みに似ていてとてもつらいです。

子宮の痛み改善には、副作用の心配がない療法

↓↓↓↓↓