生理痛だと思っていたら子宮内膜症による卵巣嚢腫でした | 子宮が痛い|悩み相談室ー排卵痛・内膜症・生理痛ガイド



筋腫・内膜症・卵巣のう腫・腺筋症の悩み相談



生理痛だと思っていたら子宮内膜症による卵巣嚢腫でした


20代前半の時、同じ部署で働いていた子が生理痛の強いタイプで、買い物などの途中で動けなくなったりする事があったようでした。

 

生理痛は女性ならば多かれ少なかれある事で、私も比較的生理痛の強いタイプで鎮痛剤を飲まないと仕事が出来ないような事もあったので、その子についても「よくある事」と本人も思ってましたし、私自身も思っていました。

 

しかし、その子の場合はだんだん生理以外の時もお腹、特に下腹部が痛むといった症状が出て来るようになり、さすがに不安が増したのか「病院に行ってみる」と婦人科の予約を取っていました。ちゃんと調べて貰えば安心だねと言っていた翌日、会社内でお腹の激痛で倒れてしまい、急きょ病院へ運ばれていきました。

 

診断の結果は子宮内膜症による卵巣嚢腫でした。本来ならば子宮内にあるはずの内膜が卵巣で増えてしまい、また腸にも癒着があると言う事で手術をする事になってしまったのです。

 

生理痛は本当に女性なら誰にでもあり得る事で、その痛みも人それぞれではあるものの下腹部が痛いというのは比較的多い症状の一つだと言えます。

 

しかし、生理痛だと思って見過ごしていた事に病気が隠れている事もあるんだと知り、痛みがある時は病院に行ってきちんと調べて貰う事は大切だと痛感しました。

子宮の痛み改善には、副作用の心配がない療法

↓↓↓↓↓